スポンサーサイト [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
コモンコントロールのv6を使う方法 [Edit]
今まで,Visual C++で開発してたツールの見栄えなんて気にしてなかったけど,よく考えたら,WindowsXPなのに,全部Windows2000風な感じで生成されてた.空ソリューション&プロジェクトで,Win32APIでベタ書きしてたからだろう.MFCで昔作ったやつは,見事に綺麗なウィンドウスタイルだったので.

気になったのは,プログレスバーがあまりにもレトロだったから.XPだと,緑の色でむにょむにょって進むよね.あれがやりたくなったのだ.

つまり,

WS000001.jpg

なやつを,

WS000002.jpg

な感じにしたいわけ.で,ちらっと調べたら,なにやら*.exe.manifestというファイルを作成し,*.exeと同一フォルダに置け,とある.うーむ,マニフェストって,政治家じゃあるまいし,よーわからんな.

ま,さらに調べると,MicrosoftのHPにやり方が書いてあった.ただ,Basic & C#のことしか書いてない.おい!CやC++もサポートしろよ!と思ったが,まあ同じだろうと思い,指示に従ってこんなファイルを作った.
WS000003.jpg

ここで,「プログレス」ってかいてある所が,*.exeの「*」に相当する.つまり,ここでは「プログレス.exe」ってのがあるわけ.そして,上記内容の「プログレス.exe.manifest」を作成し,*.exeと同じフォルダに置いて,*.exeを実行すれば,LUNAで実行できるというわけだ.

しかし,アプリを他人に渡すとき,このままだとmanifestも同時に渡さないといけない.めんどいな...
スポンサーサイト


[OS]Windows | 【2005-08-05(Fri) 15:56:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
フリーエリア

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。