スポンサーサイト [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
DirectX9.0c SDKのインストール [Edit]
WindowsでUSBカメラを操作しようと思ったら,Visual C++ & DirectShowがお勧めだ,というかこれしか知らん.で,そのためにはDirectXのSDKをインストールせんといかん.私がやり始めた頃は9.0bだったが,最近9.0cになり,SDKもアップしている.で,ファイルはMicrosoftから無償提供されている.http://www.microsoft.com/japan/msdn/directx/downloads.asp
ここの,「ソフトウェア開発キット」がDirectX本体,んでDirectShowは「Extras」に含まれている.よって両者をダウンロード.

まず,dxsdk_oct2004.exeを実行すると,展開場所を聞いてくるので,デスクトップに新しいフォルダをつくって,そこを指定しておく.すると展開後に自動でSetupが起動する.そしてdirectXをインストール.ここでは,"F:/"の直下にインストールしている.

20041111221133.gif

20041111221326.gif


また,Visual Studioをインストールしていると,ウィザードもインストールしてくれるので,「Yes」とする.

20041111221542.gif


これでDirectXは完了.再起動を促されるので再起動.

次に,dxsdk_oct2004_extras.exeを実行すると同じように展開場所を聞いてくるので,適当に.んで,できたフォルダの"Extras/DirectShow"以下のフォルダをごっそりDirectXインストールフォルダにコピペする.

さらに,日本語ドキュメントも必要な場合は,"Extras/Documentation/DirectX9/Japanese"の中のファイルを"Microsoft DirectX 9.0 SDK (October 2004)/Documentation/DirectX9"にコピーすればよし.これでDirectShowを利用できる環境となる,はずだ.
スポンサーサイト


[プログラム]directshow | 【2004-11-11(Thu) 14:02:25】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
フリーエリア

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。