スポンサーサイト [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
E6600+P5B deluxe/wifiの組み上がり [Edit]
Core 2 Duo E6600ASUS P5B Deluxe/WiFiだが、ようやくうまい具合にパソコンが組み上がった。起動後の画面はこんな感じ。どうかな、他の人と同じような状態になったかな?

E6600 P5B Deluxe WiFi

(だめだ、何度やっても画像貼り付けがバグる・・・)

最初くみ上げて起動した時はCPUの温度が55度前後、MBが46度と予想以上の発熱だった。ほかの人たちは30度とかっていう人もいて、なんだかちゃんと組み上げられてない気がしていた。

温度が高い理由として気になる点は・・・

1.ファンの数が少ない

 前面吸気・背面排気と標準CPUクーラーおよび電源排気。背面排気を追加すべきか。

2.HDDの取り付け位置不備

 前面吸気の真後ろにHDDを2台設置したことで、吸気が妨げられている可能性がある。底に近いほう+HDDを1台にして、吸気効率をあげて発熱を下げる。

3.DVDドライブの位置変更

 これもケースの真ん中あたりに設置しており、吸気を妨げているかも。一番上のスロットを使えば良いのでは。

4.CPUクーラーの接続不良

 初めてのLGA775。しっかり4点を押し込んで接続せよということで、ぐぐっと押し込んだが、若干きちんと押し込まれてないような気がしていた。MBがゆがむのでびびってちゃんとはまってないかも。

以上、4点について考慮し、組み上げたMBを取り外して再チェック。まずCPUクーラーだが、やはりちゃんと接続できてなかった。裏面をみると、はまる穴から黒い突起が見えなくてはいけないところが、2点だけ出てなかった。柔らかい座布団の上にMBを置いて、しっかりと残り2点をおしこむことで、正しく接続させた。

そして、HDDを1台取っ払い、DVDドライブとともに設置箇所を移動し、さらに背面排気ファンを追加した。

さらに、デュアルチャネルDDR2の接続方法が間違っていたみたいで、隣合うスロットに同タイプのメモリを挿すのだと思っていたけど、同じ色のスロットに挿ささないといけないみたい。せっかく1万5千円もしたCorsairのメモリが台無しだった。危うい危うい。さあ、これでちゃんと組みあげたぞ!もう俺には改善できんぞ!!どうだ!?

まずはOS起動、問題なし。おっ、PC Probeの値、CPUが39度、MBが35度っていい感じじゃん!やっぱCPUクーラーの接続不良がかなり効いてるのかな。それと、今日は雨がかなり降ったおかげで部屋がかなり涼しい。

今回で自作するのは2回目で、高い買い物だからいきなり壊すわけにはいかんというのがあり、CPUクーラーの接続不良というミスと、予備知識の欠如によるメモリの差し間違えという事態を引き起こした。次に自作するときは成功するよう、日々情報をゲットしよっと。
スポンサーサイト


[OS]Windows | 【2006-08-31(Thu) 23:49:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
フリーエリア

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。