スポンサーサイト [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ReadyBoost用メモリチェック [Edit]
ここのサイトに,HDDやフラッシュメモリのアクセス速度を測るベンチマークソフトCrystalDiskMarkが置いてある.ReadyBoostは4KBブロックのランダムリードで2.5MB/s、512KBブロックのランダムライトで1.75MB/sのデータ転送速度が必須条件となっており,これを満たすかどうかのチェックができる.注)最初,ReadyBoostの効果を測定できると勘違いしていた・・・
 さっそくやってみた.A-DATAのメモリProfessional Series PD7(Turbo Speed)1GBをHUBにさして,ReadyBoostじゃない状態で計測.
a-data.png

とりあえずスペックは満たしているようだ.次にVistaで使えないと判断されたDellの64MBメモリ(SM9FLAU).5年ぐらい前?に購入したDellデスクトップパソコンと同時に購入したので,かなり古め.
dell64mb.png

やはり,かなりスペックが悪いようだ.実際のテスト時間もかなり遅く,テスト回数を2に減らさないと目も当てられない状況.これでは使いものにならない.最後は1GBのI/O-DATA製メモリ(EasyDisk Platinum).こいつはVistaでReadyboostとして認識された.
IOData_1GB.png

んん?512Kのランダムライトが1.425<1.75Mとなっており,基準を満たしていない.そういうもんなんでしょうかねぇ?
スポンサーサイト


[OS]Windows Vista | 【2007-04-11(Wed) 12:11:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
フリーエリア

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。