スポンサーサイト [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
VMWare PlayerへFedora Core 5インストール続き2~今日から始めるCELLプログラミング(仮題) [Edit]
インストールしたてのFedora Core 5の最低限の初期設定についてふれておきます.このほかにもやるべきことがあるかもしれません.

yumによるパッケージ管理

パッケージを最新に保つため,yumによるパッケージ管理を行う.デフォルトでは海外のサイトからダウンロードするので国内リングサーバに変更する.参考サイトは
http://www.a.phys.nagoya-u.ac.jp/~taka/linux/fc5note.html#yum.

suでルートになって/etc/yum.repos.d/local-coreというファイルを作成する.中身は

http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/core/5/$ARCH/os
http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/5/$ARCH/os
http://ftp.sfc.wide.ad.jp/pub/Linux/Fedora/5/$ARCH/os
http://ftp.nara.wide.ad.jp/pub/Linux/fedora/core/5/$ARCH/os
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/core/5/$ARCH/os

/etc/yum.repos.d/fedora-core.repoのmirrorlistを以下のように修正

mirrorlist=file:///etc/yum.repos.d/local-core

同様に/etc/yum.repos.d/local-updatesというファイルを以下の中身で作成.

http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/core/updates/5/$ARCH/
http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/updates/5/$ARCH/
http://ftp.sfc.wide.ad.jp/pub/Linux/Fedora/updates/5/$ARCH/
http://ftp.nara.wide.ad.jp/pub/Linux/fedora/core/updates/5/$ARCH/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/core/updates/5/$ARCH/

/etc/yum.repos.d/fedora-updates.repoのmirrorlistの部分を以下のように書き換える.

mirrorlist=file:///etc/yum.repos.d/local-updates

以下の中身で/etc/yum.repos.d/local-extrasファイルを作成する.

http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/extras/5/$ARCH/
http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/extras/5/$ARCH/
http://ftp.nara.wide.ad.jp/pub/Linux/fedora/extras/5/$ARCH/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/extras/5/$ARCH/
/etc/yum.repos.d/fedora-extras.repoのmirrorlistを修正する.
mirrorlist=file:///etc/yum.repos.d/local-extras

以上でミラーリングサーバの設定は終了.

次に,ミラーリストから最も速いダウンロード先を自動選択させるためツールをインストールする.

# yum install yum-fastestmirror

GPGがどうとか,インストールして良いかとか聞かれるが,迷わずYes.Complete!とでればOK.最後にソフトウェアをアップデートする.

# yum update

初めての時はたくさんアップデートしなくてはならないので,結構時間がかかる.およそ600MBぐらいのパッケージをインストール.

サービスの設定でyumをオンにしておけば夜間自動アップデートしてくれる.

# /sbin/service yum start
# /sbin/chkconfig yum on

ログは/var/log/yum.logに記録されるので,気になったらみておこう.

sshルートログインを許可しない

標準だとrootでsshログインできてしまうので,セキュリティ上良くない.VMWare上ならたいしたことじゃないかもしれないけど,PS3にインストールすることを考えたらまずい.そこで/etc/ssh/sshd_configのPermitRootLoginをyesにしてコメント解除し,

# service sshd restart

でsshdデーモンを再起動して反映させておこう.

これで初期設定はおしまい.以下は各自のお好みで.

emacs

#yum install emacs

fedora core 5 の標準日本語入力環境だと,Ctrl+Spaceが半角/全角と同じ入力切り替えになってしまい,emacsのMark setができない.そこで一度日本語入力にすると,右下にSCIMのバーが立ち上がるので,右クリックして”SCIMを設定→フロントエンド→全体設定“の”開始/終了“から”Ctrl+SPACE”を削除しておこう.これで日本語を入力したいときは半角/全角だけになる.

sambaの設定

PCとファイルを共有したい場合,sambaをインストールする.

# yum install samba

続いて設定ファイルの編集.LinuxのワークグループをWindowsと同じ名前に変更しよう./etc/samba/smb.confをルートで開き,

workgroup = MYGROUP

のところを”MYGROUP”をWindowsと同じ名前に変更しよう.

ホスト名がlocalhost.localdomainのままだと,windowsから見えないので,ホスト名を変更する.たとえばここでは

# hostname UGVMFC5

とした.同時に”デスクトップ→管理→ネットワーク”にて立ち上がる画面にて,DNSタブの“ホスト名”も同じ名前に変更しておこう.反映させるには”ファイル→保存”を行い,“デバイス”タブをクリックして“停止”→“起動”を行う.以上できたら,sambaサーバーを起動する.

# service smb start
SMBサービスを起動中 [ OK ]
NMBサービスを起動中 [ OK ]

と出れば大丈夫.これでVistaのネットワークをみると,”UGVMFC5”のアイコンが見えるはず.

しかし,このままではFC5のファイアウォールが影響してアクセスできない.”デスクトップ→管理→セキュリティレベルとファイヤーウォールの設定”にて,”信頼できるサービス”の”Samba”にチェックを入れてOK.さらにsamba用のユーザパスワードを設定しないといけないので,ルートにて

# smbpasswd –a ユーザ名

でアカウントを設定しよう.これでWindowsからアクセスできるはず.

次回以降,自動でsambaを起動するようにしたい場合は,“デスクトップ→管理→サービス”にて,”smb”にチェックをいれて保存しよう.また,プリンタを共有させたくない場合はsmb.confのプリンタ関連の記述を削除しておこう.
スポンサーサイト


[プログラム]CELL | 【2007-04-17(Tue) 20:51:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
フリーエリア

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。