スポンサーサイト [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
CellSDKインストール~今日から始めるCELLプログラミング(仮題) [Edit]
Cellプログラムを作成したり,Cell環境をエミュレートするソフトを利用するためのSDKはIBMから提供されている.サイトは

http://www.alphaworks.ibm.com/tech/cellsw?open&S_TACT=105AGX16&S_CMP=DWPA

最新バージョンは2.1だけど,これはFedora Core 6ベースになっている.PS3はFC5じゃないとうまくいかないようなので,2.0をダウンロードしよう.無料のアカウント登録が必要.以下,インストール方法について.

CellSDK2.0だけでは必要なパッケージが揃っていない.インストール時にダウンロードできるようにはなっているのだが,しょっちゅう接続がとぎれてうまくいかない.よって次のサイト

http://www.bsc.es/projects/deepcomputing/linuxoncell/cellsimulator/sdk2.0/

にすべてのファイルがあるので,ダウンロードして/tmp/cellsdk-2.0/に保存しておこう.こうすればSDKインストール時にこれらのファイルを参照してインストールしてくれる.さらに,tkとfreeglut-develが事前に必要なので,

# yum install tk
# yum install freeglut-devel

でインストールしておく.

ではダウンロードしたCellSDK20.isoをマウントし,インストール実行する.

# mkdir -p /mnt/cellsdk
# mount -t iso9660 -r -o loop ./CellSDK20.iso /mnt/cellsdk
# cd /mnt/cellsdk/software
# ./cellsdk install

ダウンロードファイルが正常だと

Cell SDK Install complete.
You can now build the samples by executing ‘./cellsdk build [--gcc| --xlc]”.

と出力される.言われるがままサンプルをビルドする.結構時間がかかる(5分ぐらい?).

#./cellsdk build

以上でインストール作業は終わり.しかし,一部パッケージにバグがあるらしく,以下を実行して解決する.下記のサイト

http://cell.fixstars.com/ps3linux/download/cell-linux-20061208/CELL-Linux-CL_20061208-ADDON/spu/

からファイルをすべてダウンロードして,適当な位置(ここでは/root/bugfix)に保存しrootユーザで以下を実行.

# rpm -ivh --force --nodeps --noscripts --ignorearch --root /opt/ibm/cell-sdk/prototype/sysroot /root/bugfix/*.ppc.rpm
# rpm -ivh --force --nodeps --noscripts --ignorearch --root /opt/ibm/cell-sdk/prototype/sysroot /root/bugfix/*.ppc64.rpm

無事終了したら,ダウンロードしたファイルはいらないので削除.マウントしたISOイメージを解放し,ファイルは削除しよう.

# umount /mnt/cellsdk

スポンサーサイト


[プログラム]CELL | 【2007-04-20(Fri) 19:48:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
フリーエリア

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。