スポンサーサイト [Edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
VistaとFedora7の共存 [Edit]
ちょっと仕事でLinux使いたいから、VistaとXPのデュアルブートマシンにさらにFedora7をインストールしてトリプルブート環境を作ったんだけど、ネットワークの設定でえらいはまった。

自宅パソコンはフレッツ光プレミアムだからDHCPでアドレスもDNSも自動設定されるので、Fedora7でもそのように割り振られてた。なのでネットワークはなんの問題もない、と思ったらインターネットにつながらなかった。

調べてみると、ネットワークはつながっているのだが、名前解決できてなかった。つまりDNSが見えてないということになる。しかし、DNSにはpingが通る。んんん?なにこれ???

さんざんいろいろやってみて、気になったのがifconfigで「virbr0」というわけのわからないデバイスが自動設定されてる点。しかし、ググっても全然情報出てこない。んでどうもFedora7インストール時に選択した「仮想環境」パッケージがおかしいんじゃないかな、と思い、こいつを無でインストールしたら・・・余裕でつながった!なんだよ、おい、Xenとかいう仮想環境設定のせいかよ!!

Fedoraの起動時になんかXenの起動メッセージがでてたから怪しいなぁ、とは思ったんだけど、仮想環境なんて関係ないと思ってたのが間違いだった。素人は手を出さない方が身のためだった。

てなわけで、このメッセージはFedoraから書いてます。日本語もなんなく入力できていい感じ。一件落着。
スポンサーサイト


[OS]Windows Vista | 【2007-09-08(Sat) 21:03:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
フリーエリア

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。